スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK経営委員長選出、透明化求める要望書(読売新聞)

 22日に開かれるNHK経営委員会で、新委員長が選出されることについて、市民団体「開かれたNHKをめざす全国連絡会」(世話人=松田浩・元立命館大学教授ほか)が14日、選出過程の透明化などを求める要望書を経営委に提出した。

 要望書では「公共放送の意思決定、監督機関の長にふさわしい見識を備えた委員長が選出されるよう期待する」などとしている。

 現在の経営委では、飛田稔章(としあき)委員が委員会の3割以上を欠席。黙認した小丸成洋委員長(福山通運社長)の運営手法も問題視されている。

<参院選>菅首相「現有議席確保がまず目標」(毎日新聞)
<地域主権改革>戦略大綱、決定先送りへ(毎日新聞)
【風】「決して過去のことではない」(産経新聞)
日本、カメルーンと対戦=オランダはデンマーク破る―W杯サッカー(時事通信)
はやぶさ 「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
スポンサーサイト

振興銀を行政処分へ=内部管理体制に不備―金融庁(時事通信)

 金融庁は27日、中小企業向け融資を手掛ける日本振興銀行(東京)に対し、近く業務改善命令などの行政処分をする方針を固めた。債権をめぐる不適切な取引があり、検査に対応するための社内体制も不十分で、同行の内部管理体制に不備があると判断した。一部業務停止命令も視野に入れている。
 金融庁が昨年5月に着手した同行に対する金融検査は約10カ月という異例の長期に及んだ。同行は、2009年に破綻(はたん)した商工ローン大手SFCGからの債権購入をめぐるトラブルを抱えているほか、検査官への情報提供など検査対応も不十分だったとされる。 

【関連ニュース】
国家公務員の新規採用39%減=11年度、半減目標達成できず
30代男女を逮捕へ=アリコ顧客情報流出絡み
口蹄疫、金融機関に対応要請へ=亀井金融相
振興銀、木村会長が辞任=赤字決算などで引責
リンク・ワンに課徴金=金融庁

自民、参院宮城で現職推薦へ(産経新聞)
若年層の献血離れ深刻 すそ野を広げる“仕掛け”(産経新聞)
鳩山首相、福島氏を罷免へ=社民は連立離脱不可避(時事通信)
麻酔科医師、ホテルで覚せい剤を所持した容疑(読売新聞)
ビル解体工事現場で発砲 拳銃1丁残される 東京・池袋(産経新聞)

「あっという間」と野口さん=6月2日、宇宙基地から帰還(時事通信)

 国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしている米スペースシャトル「アトランティス」の離脱に先立ち、野口聡一さん(45)ら計12人の飛行士が23日夜、衛星通信回線を通じて記者会見した。約5カ月間にわたる長期滞在について、野口さんは「あっという間だった。できればあと2、3カ月いてもいいかなと思う」と話した。野口さんは、6月2日にロシアのソユーズ宇宙船で帰還する。
 滞在中、最も印象に残ったのは、日本実験棟「きぼう」の小型ロボットアームを組み立て、起動したことという。「きぼうの基本的な機能の完成に立ち会えたことが一番うれしい」と話した。
 野口さんはまた、忙しい科学実験の合間に、世界各地の写真を撮影して簡易ブログ「ツイッター」に掲載し、約24万人もの読者を獲得。米国の記者から「宇宙ツイッター王」と呼ばれた。野口さんは「ここまで世界中の人に共感してもらえるとは思っていなかった。地球は僕たちが知らない美しさを見せてくれる」と語った。
 帰還したら、「ゆっくり家族と一緒に温かいご飯をおはしで食べたい」という。
 記者会見後、シャトル乗員らはお別れのあいさつをし、ISSを退去した。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
あかつき、地球にさよなら=搭載カメラ画像を公開

口蹄疫 足りない埋却地、学校敷地を検討(産経新聞)
幼稚園放火容疑で俳優逮捕=大河ドラマなどに出演―神奈川県警(時事通信)
<築地市場移転>都が土壌汚染見逃し損害 住民グループ提訴(毎日新聞)
テレ朝2審も敗訴 マンション建設報道で(産経新聞)
<伊達政宗>伊達政宗から18代目 18代目党首が茶摘み(毎日新聞)

新潟で震度3(時事通信)

 11日午後6時18分ごろ、新潟県を中心に地震があり、新発田市などで震度3の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は同県下越地方で、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.1と推定される。 

【関連ニュース】
宮古島で震度3
東京都心で震度3
新潟で震度4
群馬で震度3
京都で震度3

他人のカード情報で紙おむつ購入、中国人6人逮捕(読売新聞)
大学生の基礎学力低下、提携の高校で補習へ(読売新聞)
小沢氏政倫審、公開を=社民党首(時事通信)
自殺率「生活保護受給者」は2・5倍(読売新聞)
<在日米陸軍>司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答(毎日新聞)

<エビスザメ>気性は荒いがユーモラスな顔 大阪で展示(毎日新聞)

 2億年以上前のサメの特徴を持つエビスザメ(体長1.3メートル、雌)の展示が8日、大阪市港区の水族館「海遊館」で始まった。捕獲されるのは珍しく、関西では唯一の展示。

 4月、高知県土佐清水市沖の定置網にかかった。現在の多くのサメは背びれが二つあるが、エビスザメは一つしかないなど、大昔に絶滅した種類と共通点が多い原始的なサメ。

 気性は荒いが、口元が笑っているようなユーモラスな顔。恵比寿神から命名されたといい、同館は「見たら笑顔になれますよ」。観客を見事集め、商売繁盛なるか?【服部陽】

【関連ニュース】
<その9>海遊館の「毎日かあさん」
特別企画展:園児、サメにタッチ--大阪・海遊館

<豊川一家殺傷>長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
政府、B型肝炎訴訟で和解協議へ(読売新聞)
カーナビ盗難防止の「特殊ねじ」売り上げ急増 神戸のメーカー開発(産経新聞)
対米関係「大局的に協力できる」 志位・共産委員長が本紙と単独会見(産経新聞)
別れさせ屋と元夫を提訴 殺害された女性遺族(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。